トップ > 月間特集 : 副院長より「統合失調症治療薬クロザリル使用開始」

月間特集 統合失調症治療薬クロザリル使用開始

統合失調症治療薬クロザリル使用開始

桜が丘病院 副院長 桂木正一

これまで色々な薬で治療を受けても十分に良くならなかった統合失調症の方に、世界中から最も有効であると認められているクロザリルが桜が丘病院でも使えるようになりました。

クロザリルは平成20年までに世界97カ国で使用されており、日本でも平成21年から使えるようになりました。

長い間、頭に聴こえる声に怯えて引きこもりの生活をしていた方が外に出て活動したり、長く入院をしてきた方が退院することも夢でなくなりました。

この様に効果が高い薬ですが、血液の中の白血球が減ってしまう副作用などがあり、使い難い面があったために、日本では長い間使用が許可されていませんでした。

現在では、クロザリル・患者・モニタリング・サービス(CPMS)に登録された医療関係者のみが、CPMSで使用を認められた方に処方しています。

医療関係者は白血球が減ってしまうなどの副作用を早く発見するために丹念に検査し、万一副作用が出現したら提携先の総合病院と相談しながら治療を行います。

希望者がおられたら、現在の主治医と相談していただき、主治医と桜が丘病院との間で必要な相談を行い治療をすすめていきたいと思います。
 なお、インターネットでクロザリルやCPMSの情報はたくさん見ることができます。